知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

NEW 2018/04/16 雑学

『仏飯器』『リン』『香炉』…… お仏壇に置く「仏具」の名前と由来

『仏飯器』『リン』『香炉』…… お仏壇に置く「仏具」の名前と由来

『仏飯器』『リン』『香炉』…… お仏壇に置く「仏具」の名前と由来

仏壇の中に飾っている仏具の名前はご存知ですか? それぞれの仏具の使い方が分かっていたとしても、その名称や「なぜその仏具があるのか」まではご存知ではない方も少なくありません。今回はこの仏具の名前やその由来について紹介していきます。

よく使う仏具とその由来

よく使う仏具とその由来 ・仏飯器(ぶっぱんき)
ご飯をお供えするための専用の器です。仏様に食べ物や飲み物を捧げるために用いられた小物で、毎朝炊きたてのご飯をお供えすることがならわしです。

・茶湯器(ちゃとうき・さとうき)
お供えものの水、お茶などを入れておくための、蓋がついた器です。
こちらも仏飯器と同じように、最初に汲んだ水や淹れたばかりのお茶を入れてお供えをします。
蓋がついた仏具ですが、お供えをする際には仏様が飲みやすいように、その蓋を外してお供えをするようにしましょう。

・リン
人々の邪念を払い、読経を始める旨を仏様にお伝えする仏具が「リン」です。
その他、人を集めるための合図としても用いられたとされており、由来は諸説あります。
現在はリン布団の上に置き、リン棒と呼ばれる専用の棒を使って音を鳴らして使います。

・香炉(こうろ)
お線香を焚く際に用いられていた仏具です。
流派によって形状が少し異なりますが、仏壇には必須の仏具であるため、仏壇を準備する際には必ず準備しておきたい仏具の1つといえるでしょう。
香炉の中には専用の香炉灰を入れて、そこに火をつけた線香を挿して(浄土真宗ではお線香を寝かせて)利用します。
香炉は「高貴な香りを献じる」ために活用されたと考えられていますが、それと同様に仏様の慈悲を人々が浴する「お清め」の意も込められている、重要な仏具の1つなのです。

・高月(高杯:たかつき)
仏壇にお供えもののお菓子や果物をのせる際に使われていた仏具が、この「高月(たかつき)」です。
同じ読みで「高盃」とも書かれ、仏飯器や茶湯器などのようにお供えもののお菓子や果物を乗せる際に活用しています。
1つの仏壇に2つあることが望ましく、仏壇の中央か下段の左右に対にした状態で置いておくのが一般的です。

仏壇を準備する際にはさまざまな仏具が必要になりますが、それぞれの由来を把握しておくことで、使用する意味が分かり理解が深まります。
今回紹介した内容を踏まえて、仏具を揃えてみてくださいね。

お葬式やお仏壇の事ならお気軽にご相談ください

仏壇カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら