知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2018/04/27 生前整理

終活で「断捨離」するメリットと進め方

終活で「断捨離」するメリットと進め方

終活で「断捨離」するメリットと進め方

そろそろ終活について考えようと思いながらも、何から手をつけたら良いかわからず、なんとなく先延ばしにしているという方は多いのではないでしょうか。
そんな方に、おすすめなのが終活(生前整理)の一環として行う「断捨離」です。
自分の持ち物の中からいらないものを少しずつ手放していくのは、今日からでも始められること。
ここでは、終活で断捨離を行うメリットと、断捨離の進め方についてお伝えします。

「より良く生きるための終活」を始めてみませんか?

終活で断捨離を行うメリットとは

終活で断捨離を行うことで得られるメリットとして、主に以下の3つが挙げられます。

・気持ちの整理ができて前向きになれる
断捨離とは、「いらないものが入ってくることを“断つ”」「不要なものを“捨てる”」「物への執着から“離れる”」という3つを行うことを言います。
自分の持ち物と向き合い、今の自分に本当に必要なものはどれなのかを一つ一つ確認していくことで、物にまつわる思い出や記憶、自分の感情などが自然と整理されていくはずです。
もう何年も使っていないのになんとなく捨てられずにいた物品を手放すことで、物に対する執着がなくなり、すっきりと前向きな気持ちになれたという方が多いものです。

・残された家族の負担を減らすことができる
「自分が亡くなった後の家族の負担を少なくする」というのは、終活全体の大きな目的の一つ。
断捨離を行っておくことも、遺族の負担を減らすことにつながります。
故人が生前に使用していたものや所有していたものは、遺族が本人に代わって保管や処分をすることになります。
遺品が多ければ多いほど、一つ一つの品をどうするか判断し整理していく作業の負担が大きくなってしまうのです。
終活として断捨離をしておけば、遺品整理にあたる家族の負担を軽くすることができます。

・部屋がかたづいて快適になる
断捨離は、まだ終活のことを考えるには早いような若い世代からも注目されています。
人気の理由としては、先に挙げた「気持ちの整理がつく」などの精神的なものも大きいですが、単純に、「部屋がかたづけば快適だから」ということもあるようです。
所有しているものが多いほど、やはり部屋は散らかりやすく、ほこりなども溜まりやすくなります。本当に必要なものだけを残して、不要なものを処分すれば部屋がすっきりとかたづいて広々とします。
掃除の手間や、物を部屋の中で見失うストレスなどが少なくなり、快適に過ごせるようになるでしょう。

終活に必要な段取りについてはこちら

手放しやすいものから少しずつ始めましょう

手放しやすいものから少しずつ始めましょう
自分にとって何が大切なもので、何が不要なものなのかを判断できるのは自分だけです。
だからこそ、遺族にとって遺品整理は判断に迷いやすく頭を悩ませる問題になりがちだと言えます。



しかし、さまざまな思い出のある自分の持ち物の一つ一つと向き合って判断するのは、本人にとっても労力が必要なことです。
一気にかたづけようと考えず、まずはあまり執着のないものや、思い出のないものなど手放しやすいものから少しずつ処分すると良いでしょう。

そうやって少しずつ手放していくうちに「あれを捨てたのなら、もうこれも必要ないな」と自然といろいろなものへの執着がなくなるものですし、「せっかくすっきりとかたづいたのに、使うかどうかもわからないようなものを買うのはやめよう」と、いらないものが入ってくるのを断つという考え方になるものです。

そうして物に対する考え方が変わっていけば、少しずつ断捨離が進んで本当に必要なものや大切なものだけが自分の持ち物として残ります。
そしてそれがいつか、自分が亡くなった後、家族が遺品整理に割く時間や労力を軽くしてあげることにもつながるでしょう。

生前整理カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら