知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/02/21 生前整理

前向きな気持ちで取り組もう! 生前整理のコツ

前向きな気持ちで取り組もう! 生前整理のコツ

前向きな気持ちで取り組もう! 生前整理のコツ

生前整理と聞くと、自分が老いて身辺整理をするようで暗い気持ちになるという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、大事なものや必要なものを選んで、すっきりとした気持ちで迎えるシニアライフを想像してみてください。
それはけして後ろ向きではなく、すがすがしい生活環境に繋がり充実した毎日のスタートとなることでしょう。そのためには、やはり準備が大切です。
そこで今回は、生前整理に取り組む心構えや進め方のコツをお伝えします。

生前整理の進み具合を確認しよう

ひと口に生前整理といっても、整理しなければならないものはたくさんあります。次に挙げる項目について、どれくらい準備が進んでいますか。

・仕事:定年退職後はどうするか、自営の場合は何歳くらいまで続けるか
・趣味:何かを一緒に楽しめる人がいるか
・老後の生活資金:預貯金、退職金、年金、生命保険、不動産、有価証券など
・健康管理:健康維持に役立つ運動やスポーツを定期的にしているか
・住まい:子ども独立後の暮らしやすさ、公共交通機関へのアクセスの良さ
・エンディングノート:財産目録、相続、葬儀、お墓など
・日常生活のサポート:金銭管理、家事や諸手続きを手伝ってくれる人がいるか
・安否確認:日常的に安否を確認し合える人がいるか、緊急連絡先はどこか

高く売りたいものが出てきた時はこちら

仕分ける、捨てる、再構成するのがコツ

生前整理は思いのほか作業量が多いという印象をお持ちになったのではないでしょうか。
いきなり難しそうなところからではなく、比較的簡単な衣服や写真などの整理から始めるとよいでしょう。仕分ける、捨てる、再構成するの3つが整理のコツといえます。

仕分けの段階で難しいのは、「また使うかもしれない」「捨てるに忍びない」などと感じるものです。
使うものと一緒にしてしまわずに、保留ボックスを作って分けておきます。1年など期間を決めて、その期間に使わないようであれば捨てましょう。

捨てる前に再利用してもらうこともひとつの方法です。必要な人に譲る、フリーマーケット(実際のものやネット上のもの)やリサイクルショップに売るという考え方もあります。捨てるものが多い、または大きい場合には、業者に依頼することを検討しましょう。

再構成の段階では、選んだ必要なものをパッと見て分かるように、取り出しやすく整理するのがポイントです。
見えないのはないのと同じともいわれますから、使いたいときにすぐに使えるように見え方や配置などを工夫しましょう。

高く売りたいものが出てきた時はこちら

生前整理は老後を快適に過ごすための準備

生前整理は老後を快適に過ごすための準備
生前整理には相応の時間が必要です。「まだ早い」と後回しにし続けてしまうと、やらなければならないことが多すぎて始める前から手を付けられなくなってしまいます。
また、年齢を重ねるにつれてその気持ちは薄れやすくなり、体力的にも億劫になることでしょう。

2018年12月に発表された株式会社オールアバウトの「親の介護に関するアンケート調査」によると“介護経験者のうち約4割が「45~54歳」までに親の介護に着手。
「44歳以下」も35%”もいたことが明らかになりました。自分の環境や状況はいつ変化するとも限りません。

先を見据えた準備をしておけば、その努力はいずれ自分自身だけでなく、配偶者や子どもにかける負担を軽減することにつながります。
人は誰しも老いるのですから、先延ばしにせず今から少しずつ生前整理を始めましょう。


生前整理はひとりきりでなかなか進められない面もあります。
家族や友人、知人、お世話になっている人などとも協力し、配偶者や子ども、両親など、信頼できる人と相談しながら、マイペースで続けることが大切です。

最近では終活を通して友人の輪を広げる方もいるようですから、生前整理について話ができる仲間を作って楽しく進めてみてはいかがでしょうか。

想いでの品を高く売りたい時はこちら

生前整理カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら