知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

NEW 2018/10/25 雑学

スマートスピーカーで法話が聞ける「3分法話」が登場

スマートスピーカーで法話が聞ける「3分法話」が登場

スマートスピーカーで法話が聞ける「3分法話」が登場

LINEのスマートスピーカーで、法話が聞けたり、お坊さんの手配ができたりする時代がやってきました。
スマートスピーカーにはこれまで、ニュースなどの読み上げや音楽の再生、家電の操作、インターネットを使った検索などのサービスがありましたが、今後は仏教というジャンルが新たに加わることになります。
話題になっている「3分法話」とお坊さんの手配ができる「僧侶手配」についてご紹介します。

LINEのスマートスピーカーが提供するサービス

LINEといえば、2016年6月末時点で、国内に7,600万人もの利用者数を誇るSNSです。
日本の人口の約60%にあたり、幅広い年齢層に利用されています。
そのLINEが2017年3月に発表したのがAIアシスタントの「Clova(クローバ)」で、くまの「ブラウン」やひよこの「サリー」の可愛らしい姿を覚えている方も多いでしょう。

そのClovaにはスマートスピーカーが搭載され、まるでブラウンやサリーと日常会話を楽しむように話しかけることで、さまざまなリクエストに対応します。
音楽の再生やラジオ番組の放送、ニュースや天気、占いなどの情報提供や家電操作などのサービスがある中、2018年8月に新たに登場したのが、お坊さんの法話がいつでも聞ける「3分法話」です。

お坊さんによる法話を聞ける「3分法話」

サービスを開発したのは東京都品川区にある「株式会社よりそう」で、通常は葬儀サービスなどを仲介しています。
今回の3分法話では、曹洞宗と浄土宗、浄土真宗、日蓮宗の僧侶4人による12の法話を聞くことができます。

使い方は簡単です。「ねぇ Clova、3分法話を開いて」と話しかけると「今の気持ちを3つから選んでください」と返ってきますので、「迷い、悲しさ、怒り」の3つの感情の中からひとつ選択します。
すると、その感情に沿った法話がランダムに再生されるという仕組みです。

お坊さんをもっと身近な存在にすることを目的とした「お坊さん便ラボ」の活動の第1弾として開始されました。
寺離れが進む今、お坊さんとの接点をどのように作り出すかという実験的な試みでもあります。

信頼できるお坊さんを手配します

法話だけでなくお坊さんを手配することもできる

法話だけでなくお坊さんを手配することもできる 「3分法話」と同時に開始されたのが「僧侶手配」のサービスです。
同社が提供する「お坊さん便」の依頼をすることができ、お坊さん便では、定額で僧侶の手配を含んだ法事や法要の実施、戒名や法名の相談から始めることができます。


「ねぇClova、僧侶手配を開いて」とスマートスピーカーに向かって話しかけ、続いて「お坊さんを呼んで」と伝えます。
葬儀、供養、戒名授与の中から希望のサービスを選択し、連絡先の電話番号を伝えると、コールセンターから電話が掛かってくるという仕組みです。

僧侶の手配ができることには一定の利便性を感じますが、お坊さんといってもその素性は様々ですので、利用を検討する際には情報を集め、よく吟味したうえで判断しましょう。
また、お布施は料金とは性質が異なるものですから、民間企業がサービス料として括る場合に課税対象などの棲み分け問題も生じるなど、グレーな面を含んでいることも知っておきましょう。

スマートスピーカーは、スマホやパソコンのように文字を使うことなく音声のみで操作できることが特徴です。
機械の操作や手先を使う細かい作業が苦手な高齢者にとっては、話しかけるだけで対応してくれるのは大きなメリットのひとつといえます。
今後ますます高齢化が進み、人口減少が続く現状で、AIアシスタントによる生活サポートの活用はいっそう注目を集めていくことでしょう。

信頼できるお坊さんを手配します

お坊さんカテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら