知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/02/15 イベント

若手僧侶が法話を競う「H-1グランプリ」が開催! 

若手僧侶が法話を競う「H-1グランプリ」が開催! 

2018年11月に兵庫で開催された「H-1グランプリ」が話題になりました。真言宗の若手僧侶が定例の研修会を活用して開いた法話の腕を競い合うイベントには、どのような狙いや背景があったのか、またそこでは何が語られたのか…についてお伝えします。

若手僧侶が法話を競う「H-1グランプリ」が開催! 

2018年11月に兵庫で開かれた「H-1グランプリ」が注目を集めました。
H-1のHは法話からくるもので、世にいくつも賞レースはありますが、法話を聞き比べたり、評価したりという稀にみる大会でした。
法話に優劣はないという批判がありながらも開かれた「H-1グランプリ」の狙いや背景についてお伝えします。

若手僧侶による法話の腕比べ

去る2018年11月26日、神戸市中央区にある定員360席の兵庫県民会館内のけんみんホールで約400名を集めるイベントが開催されました。
それが、真言宗の若手僧侶が法話の腕を競い合う「H-1グランプリ-法話決戦-in 兵庫」です。

栃木発のイベントに感銘を受け、兵庫でもと主催をしたのは45歳以下の真言宗僧侶約40名が参加する「兵庫青年教師会」です。
毎年持ち回りで開催される研修会を通常の座学ではなく、なかなか法話の機会に恵まれない若手僧侶の研修の場としたいということから開催が決まりました。

法話ではどのようなことが語られたのか

H-1グランプリのテーマは「また会いたくなるお坊さん」で、登壇者8名の持ち時間は1人10分です。
限られた時間の中で仏の教えを分かりやすく説きつつも、また話を聞きたいと思わせる工夫が盛り込まれ、ときに笑いや涙を誘う場面を交えながら会場は大いに盛り上がりました。

法話を審査するのは高僧やラジオのパーソナリティなど5名が中心で、1人につき10点満点で採点をします。
会場の観客にも投票権が与えられ、それぞれが良かったと思う僧侶へ投票し、その得票数と先ほどの審査員の点数を合わせて優勝が決められました。

3位は高照寺の密祐興僧正による「ご供養の話」で、故人の供養には3つの力が必要と説きます。そのうちのひとつである成仏を後押しする力とは、家族や縁のある方がそれぞれの立場から故人を思い出して「偲ぶ」ことと伝えました。

2位は金剛福寺の高見昭寛僧正による「痛いの痛いの飛んでいけ」で、取り上げたのは見えないものを信じる心の大切さです。
転んで痛いと泣く子どもがそのおまじないをかけてもらうことで痛さがなくなると信じる心は、信心の現れではないかと語りかけました。

1位は須磨寺の小池陽人僧正による「プラスアルファ」でした。
自身が歩いて四国遍路をした際に見ず知らずの方からいただいた食べ物や飲み物、泊まる場所の提供などで、そのものだけではなくそこに込められたさまざまな思い、すなわち「プラスアルファ」の力を感じたと語りました。

そこでの出会いにより初めて仏前でお経を唱える意味を知ったこと、人生に欠かせない教育と教養は「今日行く(きょういく)場所がある」ことと「今日用事(きょうよう(じ))がある」こととし、家から出て出会いを求め、そこでのご縁を大事にしましょうと呼びかけました。

よかったと思っていただけるお坊さんをご紹介します

法話の頂点「H-1グランプリ」を開いたもうひとつの理由

法話の頂点「H-1グランプリ」を開いたもうひとつの理由 今回の「H-1グランプリ」は研修会のひとつですが、知識や読経ではなく法話の腕を競ったのには理由があります。
それは、若手僧侶の視点や工夫を盛り込んだ法話で、より多くの方に仏教を身近に感じてもらうことです。
仏教離れが進み、「法話といえば葬儀のときに聞かされる眠くなる話」というイメージを超えようという新たな試みといえます。


登壇者のひとり、大師寺の中谷宥善僧正はアンパンマンを取り上げました。
数あるヒーローものの中でもアンパンマンは悪者を倒さずに懲らしめ、その後は受け入れることを取り上げ、その姿勢が罪を憎んで人を憎まずの実践だと語りました。

身近な例で仏教の教えを説こうとするその視点は、仏教が葬儀のときだけではなく日常的に人々に寄り添うことができるものだとする意図を伝えるのに十分でしょう。
このイベント開催のきっかけとなった小池僧正は、これにとどまらず全国超宗派でのH-1グランプリの開催を目指しているそうです。

日々の活動がしっかりしているお坊さんをご紹介します

お坊さんカテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら