知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/06/24 お墓

墓じまいと共に高まるニーズ、“お墓の「お墓」”とは?

墓じまいと共に高まるニーズ、“お墓の「お墓」”とは?

墓じまいと共に高まるニーズ、“お墓の「お墓」”とは?

少子高齢化が進む中、近年では先祖代々のお墓を受け継いでいくことが難しくなり、やむなく墓じまいをする人が増えています。
それにともない不要になった墓石を受け入れる“お墓の「お墓」”のニーズも高まっています。
今回は、“お墓の「お墓」”の概要やその背景にある墓じまい、お墓に代わる供養方法について詳しくご紹介していきます。

墓じまいとは?

墓じまいとは、お墓をすべて片付けて更地にし、遺骨を別の場所へ移すことを指します。
墓じまいでもっとも多いのが、親戚間でのトラブルです。
お墓は、遺骨を安置する場所であると同時に故人と遺族をつなぐ場所でもあります。
そのため、独断で墓じまいを決めてしまうことは、トラブルのもとです。
まずは、親戚などときちんと話し合い了承を得なくてはなりません。
また、墓じまいは遺骨を移動させることになりますので、改葬許可申請書などを自治体に提出しましょう。
自治体から改葬許可証が発行されたら、石材店に墓石の撤去依頼をしてお墓を更地にします。

お墓に関してのご相談は、こちらからどうぞ

“お墓の「お墓」”とは? 

墓じまいをした後に不要となった墓石を安置する場所、それが“お墓の「お墓」”です。
主に、寺院が石材店から依頼されて、不要になった墓石を引き取り永代供養しています。
しかし、墓石の永代供養をしている寺院はまだ少なく、引き取られなかった墓石は砕いて再利用される場合があります。
“お墓の「お墓」”には、広大な土地が必要です。その土地を確保するのも、簡単ではありません。
墓じまいにともない増え続ける墓石をどのようにするべきか、今後の大きな課題となっています。

お墓に代わる新しい供養の方法

お墓に代わる新しい供養の方法 今までお墓で供養してきた遺骨ですが、墓じまい後の供養方法についていくつかご紹介していきます。

永代供養墓に納める
永代供養墓は、寺院や霊園が管理や供養をしてくれるお墓です。


はじめから合祀されて他の遺骨と一緒に埋葬される場合や、一定期間は個別に安置されるという永代供養墓もあります。
各寺院や各霊園によって埋葬の期間や供養の方法が異なるので、事前にしっかり確認する必要があるでしょう。
個別の納骨期間を過ぎた遺骨は、合祀されて供養されることが多いようです。

散骨する
散骨するためには、遺骨をきれいに洗って乾燥させ、細かく砕く必要があります。
しかし、遺骨を砕く作業は、家庭では難しいので専門業者にお願いするのがよいでしょう。

納骨堂へ移す
長年、カロートや地中にあったご遺骨を納骨堂で供養する場合は、遺骨をきれいに洗って乾燥させた後に納骨します。
土中の骨壷には、さまざまな菌やバクテリアがついている可能性があり、遺骨の傷みの原因となるからです。

手元供養する
家庭で供養する場合も、遺骨は必ず洗って乾かします。
そして、密閉できる新しい骨壷へ入れ供養します。

先祖代々受け継がれているお墓ですが、後継者がいないなどのやむを得ない事情により墓じまいするケースが増えてきています。
不要になった墓石とはいえ、長年にわたり大切にされてきたものをきちんと供養したいと考える人が多いからこそ、“お墓の「お墓」”に対するニーズが高まっているのでしょう。

お墓の種類や費用についてはこちら

お墓カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら