知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

NEW 2019/02/26 お墓

お墓の購入時はここに注目! お墓選びのポイント

お墓の購入時はここに注目! お墓選びのポイント

お墓の購入時はここに注目! お墓選びのポイント

お墓選びの際に注目したいポイントは全部で5つあります。少子高齢化がますます進むこの時代では、何代先までお墓が守られるか分かりません。
今回ご紹介するポイントを踏まえ、ご家庭の状況に適したお墓選びにお役立てください。

ポイント① お墓の種類

お墓の種類は大きく分けて4つあります。
お墓の種類を選ぶときの決め手のひとつになるのが、お墓の継承者がいるかどうかです。

・一般墓地:「〇〇家之墓」「先祖代々之墓」などの墓石がある従来のお墓
・永代供養墓:お墓の継承者がなくても一定の期間または無期限で管理してもらえるお墓
・合祀墓:共同墓地で他様のお骨と一緒に祀られるお墓
・納骨堂:骨壺が個別に安置されるスペース(ロッカー型、自動搬送式など)

ポイント② 霊園区分とその宗旨宗派

お墓を選ぶときにしっかり確認したいことのひとつが、お墓の霊園区分(運営者)です。

・寺院:お寺の檀家になることで入れる墓地
・民間霊園:宗教法人などが管理運営する墓地
・公営霊園:都道府県や市区町村などの自治体が管理運営する墓地

寺院の墓地に入る場合には、檀家としてのお付き合いが始まる(入檀する)ことを意味し、お墓の維持管理に原則として協力する義務が生じます。
民間霊園は、区画面積や墓石のデザインなど選択の自由度が高く、費用もそれに応じて変わります。公営霊園は、区画や面積が決まっていて自由度や費用が下がります。
こだわりよりも永続性や安全面を優先されたい人が多く人気が集中するため、申し込んでも抽選になる場合がほとんどです。

運営者を選ぶもうひとつのポイントに、墓地を利用できる宗旨や宗派の定めがあるかどうかがあります。
神道やキリスト教などの他宗教を迎え入れているか、同じ仏教でも多宗派を受け入れているかを確認しましょう。

チラシなどでよく見かける「宗旨宗派問わず」には、実は落とし穴がある場合があります。
それは「お墓を購入する前の宗旨宗派は問いません」が「購入した後は〇〇宗に改宗するものとする」などと規約に書かれている場合がありますので、利用規約に注意を払い購入前に確認してから判断するようにしましょう。

ポイント③ 立地とアクセスのよさ

お墓が遠い、行くのが大変ということになっては、せっかくお墓を購入しても足が遠のいてしまいますので、見学の際に将来を見越して確認しておくことをおすすめします。

・自宅からの距離
・到着までの所要時間
・電車、バスなどの公共交通機関で行けるか
・車で行く場合、高速道路からの距離や駐車場の台数
・高齢でも負担は少ないか、車椅子等の場合もお参りが可能か

お墓をお探しならこちら

ポイント④ 墓地・霊園の環境と設備

墓地や霊園の環境と設備も確認しておきたい項目のひとつです。
環境面では、日当たりがよいか、静かであるか、景観がよいか、などの条件に加え、大雨や地震などによる山崩れやがけ崩れが近隣で起こっていないかどうかを調べましょう。

設備面では、法要施設、会食施設、お線香やお花が買える売店があるかどうか、そのほか休憩所、お手洗いの場所も確認しましょう。
敷地全体にバリアフリーの工夫が施されているか、階段が多くはないか、エレベーターやエスカレーターなどがあるか、という点も見ておきたいポイントです。
常駐の管理人、清掃など日々の管理体制や運営面の確認も必ず行うようにしましょう。

ポイント⑤ お墓の購入に必要な費用

ポイント⑤ お墓の購入に必要な費用 選ぶお墓により必要な費用が変わります。(同種のお墓でも金額幅がある場合あり)

・墓石代:墓石を購入する費用
・永代使用料:墓地を利用する永代使用権を得るための費用


・管理費(維持費):電気や水道代、霊園や納骨堂の共用部分の維持管理に必要な費用
・入檀料やお布施:寺院墓地の場合

墓石は石材店で購入しますが、霊園では開発段階から継続して業者が指定されている場合がほとんどです。
墓地は購入して所有するわけではなく、はじめに永代使用料を支払って利用し続けることになります。土地を購入する形ではないので誤解ないようにしましょう。

霊園や納骨堂ではお墓の維持管理に必要な管理費が設けられており、年額が決まっているのが一般的です。
寺院の境内墓地の場合には檀家になることが前提なので、檀家になるための入檀料と年間の護寺会費や法事などの際は都度のお布施が必要になります。

現時点で入るお墓が決まっていなくても、いずれお世話になるのがお墓です。
自分の希望に100%あうお墓はないかもしれませんので、お墓選びの5つのポイントに優先順位をつけて、維持・存続可能なお墓に決めるようにしてください。
まずは家族でお墓をどうするかについて話し合うところから始めましょう。

お墓をお探しならこちら

お墓カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら