知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/01/29 お墓

新しいスタイル?「レンタル墓」のサービスを利用する人が増えている

新しいスタイル?「レンタル墓」のサービスを利用する人が増えている

新しいスタイル?「レンタル墓」のサービスを利用する人が増えている

近年は生活スタイルの変化から、お墓を購入することをためらう人も増えています。
そんな中で注目され始めたのが「レンタル墓」という選択肢です。
世の中にレンタルできるものは色々ありますが、お墓がレンタルできるというのは一体どういうことなのでしょうか?
今回は、レンタル墓の利用方法や、お墓をレンタルするというスタイルの利点や注意点について紹介していきます。

レンタル墓とはどういったもの?

近年は一時代前に比べると核家族化が進み、ライフスタイルも多様化してきました。
そんな中で「お墓を建てる」ということに二の足を踏む方も年々増えてきているものです。

こういった方に対して一定期間お墓の貸し出しを行う「レンタル墓」のサービスをする業者が登場し、話題となっています。
レンタル墓には大きく分けて、墓石のみの貸し出しと、墓地と墓石をセットで貸し出す方法の2種類があります。
外見的には一般のお墓と変わらないので、親族や墓所を訪れる方にレンタル墓だと気づかれることはありません。

レンタル墓は購入するよりリーズナブル

レンタル墓を選ぶメリットというと、やはりお墓を購入するよりもリーズナブルという点が挙げられます。

墓石を購入し、墓地代や管理料を支払うとかなりの高額になることも多いものです。
レンタル墓は10年間の利用契約でも、購入する場合の半分以下、場合によっては2~3割程度まで費用をおさえることができます。
レンタル墓は一旦借りたあと気に入ったら購入が可能なこともあるので、お墓の購入に迷ったらまずはレンタルして様子を見るのも1つの方法といえます。

お墓のお悩みをお気軽にご相談ください

レンタル墓には他にもメリットがある

お墓を購入したあと転居が決まり、お墓をどうするかと悩む方もいるものです。
レンタル墓ならば遺骨を取り出して別の地方で改葬するのも比較的に簡単なので、転勤や急な引っ越しが起きても対処しやすいというメリットがあります。
レンタル墓は一定期間借りるというスタイルなので「子孫末代にわたってお墓を維持していかなければならない」という心配がいらないのも利点といえるでしょう。

レンタル墓にはデメリットもある

レンタル墓にはデメリットもある レンタル墓を検討するときには、デメリットについても知っておきましょう。
レンタル墓は万一利用中に破損などが起きた場合、別途費用を請求されるケースもあるので扱いには気をつけたいものです。
レンタル墓はあくまでレンタルなので、利用期間が過ぎたら返却しなければなりません。

このとき利用者は、今後お墓をどうしていくかを選択する必要性があります。
選択肢としては、あらためてお墓を購入する、永代供養に切り替える、ご遺骨を完全に撤去するといった方法が考えられます。

ライフスタイルに合わせ、お墓をレンタルするという選択をする方もいらっしゃいます。
「お墓はきちんと購入し管理したい」「お墓を末永く管理する自信がない」など、お墓に対する考え方はさまざまかと思います。
大切なのは、将来的にお墓をどうするのかを家族できちんと話し合い、見通しを立てて検討し、決定していくことです。

お墓について詳しく知りたい方はこちら

お墓カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら