知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/05/20 雑学

金婚式や古希の日に、記念撮影をしませんか?

金婚式や古希の日に、記念撮影をしませんか?

金婚式や古希の日に、記念撮影をしませんか?

人生には「金婚式:結婚50周年祝う式」や「古希:70歳を祝う(こき)古くは稀との意」など、年齢を重ねるごとにさまざまな節目があります。
せっかくの記念日ですから、家族や大切な仲間と記念撮影をしてみませんか?
最近は終活の一環として遺影の生前撮影をする方も増えていますが「遺影だけを撮影するのは気が引ける」という声も聞かれます。

しかし、“記念日の写真撮影のついで”であれば、より前向きな気持ちで今の自分の写真を残しておくことができるはずです。
今回は、シニア世代におすすめしたい、遺影写真も一緒に撮影できる記念日をいくつかご紹介します。

夫婦の特別な節目「金婚式」の記念撮影アイデア

結婚50周年を祝う「金婚式」は、長く連れ添った夫婦にとって特別な節目です。
普段はなかなかツーショットを撮らないという方も、2人の絆を写真に表現する絶好のタイミングといえます。
どんなポーズで撮影しようか迷うときは、2人の思い出の品や大切な人からのプレゼントを小道具にしてみてはいかがでしょうか。
小道具を使うことで、自然とポーズが決まるだけでなく、思い出話に花が咲き、より2人らしい笑顔をカメラにおさめることができることでしょう。

「ヘアメイク・スタイリング付きで楽しみながら撮影ができます。」

この先の長寿も願う「古希」の記念撮影アイデア

数え年70歳を祝う「古希」は、これまでの感謝とこの先の長寿を願う大切な記念日です。
おめでたい日に、夫婦や家族で旅行に出かけるのもいいですね。
フォトスタジオで記念撮影を撮るのは、なんだか緊張してしまう……という方も、開放的な気分になれる旅先なら、リラックスして撮影に臨めるはずです。
家族に囲まれ和やかなムードの中、自分らしい表情を残せることでしょう。

人生の大きな節目「定年退職」の撮影アイデア

人生の大きな節目「定年退職」の撮影アイデア 一定の年齢に達し、会社を退職する「定年退職」。社会人にとって、人生の中でもとりわけ大きな節目と考える方も多いはずです。
周囲への感謝と自分自身へのねぎらいの気持ちをこめ、今の自分の姿を写真に残してみてはいかがでしょうか。達成感に満ちあふれ、生き生きとした表情を残すことができるでしょう。

撮影の際は、仕事の制服を着用したり、職業にまつわる小物を持参したりすると、より思い出深い写真になります。
お祝いの雰囲気を出すために、花束を持つのもいいですね。


遺影は、その人の生きざまや人柄を表現する大切な一枚です。
また、遺された人々にとって遺影は故人との思い出を振り返る手がかりにもなります。大切な人と同じ時間を過ごせるうちに、遺影にふさわしい記念写真を残しておくことは、自分だけでなく遺された人々にとっても有意義なことなのです。

終活写真撮影に関心のある方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

「しっかりとコミュニケーションをとりながら撮影を行います。」

その他カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら