知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2018/11/14 遺影写真

撮影されるのが苦手なら知っておこう!写真写りがよくなる撮られ方

撮影されるのが苦手なら知っておこう!写真写りがよくなる撮られ方

撮影されるのが苦手なら知っておこう!写真写りがよくなる撮られ方

近年、生前に遺影を撮影する人が増えています。しかし、スタジオでの撮影はもとより、スナップ写真にも苦手意識を持っている人は多いものです。
写真撮影が苦手に感じる主な理由には「カメラのどこを見たらいいのかわからない」「表情の作り方がわからない」「緊張して笑顔が出せない」などがあります。

しかしこうした悩みは、対策をすることで解決が可能です。今回は写真に撮られるのが苦手な人のために、上手に撮られるためのコツについてご紹介します。

写真が苦手なら、視線はレンズの少し上か下を見よう

写真を撮影されるのが苦手という人には、「どこを見たらいいのかわからないから」という人も多いものです。
漠然とカメラを見たほうがいいということはわかっていますが、具体的にカメラのどこを見たらいいのでしょうか?
おすすめはレンズの上か下になります。

写真を写されるのが苦手な人は、撮影されるということに不慣れなため、顔がこわばりがちです。
その表情でレンズを凝視すると、にらみつけているような印象の写真に仕上がります。
そうならないためにも、写真に撮影されるときの視線は、レンズを凝視するのではなく、レンズの少し上か下を見るようにしましょう。
レンズそのものを見ないことによって、撮影中であるという圧迫感も少なくなり、笑顔も出しやすくなります。

シルバー・シニア世代専門のチームが写真を撮影いたします。

写真が苦手なら、笑顔を練習しておこう

写真に写され慣れていない人は、カメラを向けると顔がこわばりがちです。
笑っているつもりでも、片方の口角だけが上がっていることもあります。

表情が左右非対称だと、写真になったときに不自然な印象を与えるものです。
不自然な笑顔にならないようにするには、鏡の前で笑顔の練習が効果的です。
鏡の前で母音の「イー」と言いながら笑顔を作りましょう。できるだけ口角を上げ、目を細めて笑った表情が自然な笑顔です。

この笑顔を繰り返し練習することで、カメラの前でも自然な笑顔を作れるようになります。
また不自然ではない笑顔を出せることで心に余裕ができ、緊張しなくなるため自然といい表情の写真が撮影できるのです。

写真が苦手なら私たちにすべてお任せください!

写真が苦手でも大丈夫! 撮影時の緊張を解くコツ

写真が苦手でも大丈夫! 撮影時の緊張を解くコツ 写真を撮影するときに素敵な笑顔を出すためには、笑顔のトレーニングだけではなくリラックスすることも大切です。
緊張したり、ネガティブな気持ちを持ったりしたまま笑顔を作っても、自然な笑顔にはなりません。
気持ちを明るくするためには、自分が思わず笑顔になってしまうものを頭に思い浮かべるのがコツです。


かわいがっているペット、かわいい赤ちゃん、大好きな食べ物など、好きなものを思い浮かべます。
そして「かわいい!」「おいしい!」など、脳を直接的に刺激しやすい言葉を心の中で叫びましょう。
体が緊張してこわばるようなら、体を伸ばしたり曲げたりといったストレッチがおすすめです。
体を動かすことで血行が良くなり、筋肉のこわばりがほどけます。椅子に座ってつま先を伸ばしたり曲げたりする、ふくらはぎのストレッチも緊張緩和に効果的です。

上手に写真に撮られるコツについてご紹介しました。写真はずっと残り続けるものだからこそ、残念な写真にしないようにしたいものです。
そのためには、笑顔の出し方を練習したり、緊張を解く方法を知っておいたりすると役立ちます。
また上手に撮られるコツを知っていることで写真撮影時に心の余裕を持てるというメリットもあるので、大切な写真を撮影する前に取り入れてみてはいかがでしょうか。

練習しなくても大丈夫!私たちにお任せください。

遺影撮影カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら