知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2017/06/20 雑学

終活カウンセラーとはどのような資格なのか? 

終活カウンセラーとはどのような資格なのか? 

終活カウンセラーとはどのような資格なのか? 

終活を始めようとするときに何から手をつけていいか分からなかったり、エンディングノートに何をどのように書けばいいのか戸惑ったりすることがあるかと思います。

そのようなときに頼りになるのが「終活カウンセラー」や「葬祭ディレクター」などといった資格を持った人々です。
ただし、双方とも国家資格ではありませんので誤解しないようにしましょう。

終活カウンセラーは終活に悩んでいる方がアドバイスを貰ったり、基礎知識を得るための入門として活用できます。
いったいどのような資格なのかご紹介します。

葬祭ディレクターについてはこちら

終活カウンセラーとは

終活カウンセラーは、一般社団法人終活カウンセラー協会が行っている認定試験です。

資格には「初級」「上級」「インストラクター」と、それぞれ受験者のレベルに合わせたものがあります。
終活についての基礎知識を知りたい人や、ご両親の終活のサポートをしたい人などが主に受験しています。

「初級」資格は終活を実際に行う人にも使える!

初級では、終活に関しての基礎知識やエンディングノートの書き方などを勉強します。
終活を始めようとしている人、終活のことを知ろうとしている人が対象です。

約6時間の講習後に認定試験を受けますが、合格率も高く、専門知識を持っていなくても十分取得することのできる資格です。
エンディングノートをご自身で書けるようになるのが初級の目標となっています。

講習と試験は全国各地で行っており、終活について学びたい方にとって気軽に受けることができる資格でしょう。
資格までなくても…という方は、葬儀社などでも実際の経験から語ってくれる「エンディングノートの書き方セミナー」を無料で開催している所もありますので、参加してみるのもよい勉強になります。

ほかの方の終活をサポートできる「上級」資格

上級の資格を取得すると、ほかの方のエンディングノートの作成をサポートすることができます。
上級の資格を取るのは、保険会社や士業、葬儀会社に勤めている方が多いです。

しかし、ご両親の終活のサポートをしたい方は上級に挑戦してみても良いかもしれません。
終活に悩んだり行き詰まったりしたとき、相談する相手に終活カウンセラー上級資格を持っている人を選ぶのも良いでしょう。

「インストラクター」資格は終活カウンセラーを養成する講師

インストラクターは終活カウンセラー上級の合格者で、終活カウンセラー協会が開催する勉強会に年2回参加した方のみ講習と試験に申し込める資格です。
終活に関するプロフェッショナルともいうことができ、終活カウンセラー初級検定で講師を行うこともあります。

講師として本腰を入れたい方が取る資格なので、気軽に終活のことを知りたいだけの方が目指す資格ではないでしょう。

終活カウンセラーを知って終活をより円滑に進める

終活カウンセラーを知って終活をより円滑に進める 終活について幅広い知識を持った終活カウンセラーに相談することで、終活について適切なアドバイスがもらえます。
ご自身で学びたい場合は終活カウンセラーの初級試験を受けて、終活についての基礎知識を得ることができます。


また上級試験に挑戦して、ほかの方の終活のサポートをすることも可能です。
ただし、ご家庭の事情はそれぞれですから資格を有効活用できる範囲は限られます。
実際、「資格を取ったら生計が立てられる」というようなものではありませんので、過度に期待しすぎるのは避けましょう。

最終的には、それぞれの分野の専門家を頼るのが、終活の課題解決の近道になります。

★終活のあれこれ、色々な終活についてはこちら
元気なうちに準備したいこと5つ

終活カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら