知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/10/10 終活の知識

「終の棲家」を選ぶためのポイントは?高齢者向け施設の種類と特徴

「終の棲家」を選ぶためのポイントは?高齢者向け施設の種類と特徴

「終の棲家」を選ぶためのポイントは?高齢者向け施設の種類と特徴

終活をする中で、高齢者向け施設への入居について決めておきたいという方も少なくないと思います。
しかし、高齢者向け施設にはさまざまな種類があり、どんな施設を選べばいいか悩んでしまうこともあるでしょう。
高齢者向け施設は人生の後半を過ごす大切な場所ですから、じっくりと検討し、安心して過ごせるような施設を選びたいものです。

そこで今回は、終の棲家となりうる高齢者向け施設について、その種類や特徴を詳しく解説していきます。

終活に関する情報はこちら

民間の主な高齢者向け施設

1. 有料老人ホーム
有料老人ホームには大きく分けて「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類があります。
介護付きは、介護サービスを利用できる施設、住宅型は介護が必要な場合に外部のサービスを利用できる施設、健康型は食事や見守りなど日常生活のみのサービスを受けられる老人ホームです。

2. サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅は、民間の事業者が都道府県の認可を受けて運営する、高齢者向けのバリアフリー住宅。
見守りや生活相談、医療などのサービスを受けられます。

3. グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
グループホームは、高齢者がそれぞれの役割を持って共同生活を送るという施設です。
住み慣れた町で暮らしたい方や、介護度が低く比較的症状が安定している方に向いています。

公共の主な高齢者向け施設

公共の主な高齢者向け施設 1. 特別養護老人ホーム
「特養」と呼ばれることもある特別養護老人ホームは、要介護3以上の方が入居できる老人ホームです。入所する必要性の高い人から優先で入ることができるため、要介護度の低い方は入所が難しいのが現状です。
公共施設のため入居費がリーズナブルで、現在全国で50万人以上が入居待ちの状態となっています。

2. 介護老人保健施設
「老健」とも呼ばれる介護老人保健施設は、病院と自宅のちょうど中間のような施設です。介護が必要な方が機能訓練等のサービスを利用できます。自宅での生活への復帰を目指す施設なので、基本的に長期間の入居はできません。

3. 介護療養型医療施設
要介護1以上であり、かつ長期に渡る療養が必要な方が入れる施設です。医療法人が運営していることが多く、医療サービスが充実しているのが特徴です。ただし、生活の支援は比較的少ないといえます。

4. 軽費老人ホーム
軽費老人ホームは、自治体の助成によって営利法人が運営している施設。身寄りがない方や、家族との同居が難しい方が入居できる、所得制限の設けられた施設です。
軽費老人ホームには食事の提供があるA型と、自炊が必要となるB型があるので、適した施設を選ぶことが大切です。

高齢者向け施設にはさまざまなスタイルのものがあり、受けられるサービスや雰囲気、かかる費用なども大きく異なってきます。

終活のために施設を探すのなら、まずは近隣にどういった施設があるのかをチェックしてみましょう。多くの方が入居待ちしているような施設もあるため、できるだけ早めに情報収集をしておくのがおすすめですよ。

一人暮らしの方のための終活はこちら

終活カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら