知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2019/03/20 葬儀後

葬儀後に用意する「後飾り」とはどんなもの? 飾り方や処分の仕方とは

葬儀後に用意する「後飾り」とはどんなもの? 飾り方や処分の仕方とは

葬儀後に用意する「後飾り」とはどんなもの? 飾り方や処分の仕方とは

後飾りというのは、葬儀を終えて家に戻ってきた遺骨を安置するための仮安置壇のことをいいます。
故人の遺骨は四十九日を迎えるまで後飾りに備えておくことになります。
後飾りに関して「後飾りはどのように扱ったらいいの?」「納骨後にはどのように片付けたらいいの?」といった疑問を持つ方もいることでしょう。
そこで今回は、後飾りの仕方や納骨後の処分などについて解説していきます。

葬儀後の手続きに関するお悩みをご相談ください

後飾りの意味と、祀る理由について

後飾りは、お骨を一時的に安置する簡易的祭壇のことです。
葬儀が終了したあとには、自宅に遺骨や位牌を備えるために後飾りと呼ばれる仮安置祭壇を作りましょう。
後飾りは四十九日まで飾り続けます。

仏教では、亡くなったあとの四十九日間というのは故人が仏様になるための修行の期間とされます。
この修行の試練は7回おこなわれるとされるため、これに合わせて7日ごとに供養をおこない49日で一つの区切りとなります。
後飾りの祭壇はもともと、この供養のために設置されましたが、現代では簡易的になり、ご遺骨を安置することが設置の主な理由になっています。

後飾りの祭壇を飾る場所は?

後飾りは1~3段の小さな壇で、組み立て後にはお参りスペースを含めて1畳ほどが必要になります。
家庭に仏壇がある場合には、仏壇の前に後飾りを作るのが一般的です。仏壇がない場合には客間などに後飾りを設置しましょう。
このとき、できれば西側か北側に後飾りを作るのがよいとされます。

後飾りの祭壇の正しい飾り方とは

故人への弔いの気持ちを示すためにも、後飾りは綺麗に整えたいですね。

また、後飾りは葬儀のあとに弔問に足を運んでくださる方のお参りの場でもあるので、きちんと管理するよう心がけましょう。
仏式の場合には後飾りに白い布をかけ、遺骨のほか位牌や遺影、仏具などを供えていきます。
後飾りの棚にはさらに花を飾りお供え物をし、ろうそく立てや線香立てを置きましょう。
後飾りに置くべきものやその飾り方は地域や宗派によって多少異なりますので、不明な点は葬儀を担当してくれたスタッフに確認しておくのが安心です。

納骨後に後飾りを処分する方法は?

納骨後に後飾りを処分する方法は? 後飾りは、四十九日法要のあと納骨を済ませた段階で片付けます。
不要となった後飾りは、地域の分別方法に従ってごみとして処分しても問題ありません。

しかし、故人のための祭壇を処分するのが心情的に忍びないと感じる場合には、しばらくの間保管しておき、法事の際に活用してもよいでしょう。
納骨後に後飾りを回収してくれるという葬儀社もありますので、お困りの時は相談してみましょう。

後飾りには、四十九日法要までの期間に故人の遺骨を安置するという重要な役割があります。
正しい方法で飾り、時々花を替えたり掃除をしたりして常に綺麗にしておきましょう。
四十九日を終えると後飾りは不要となります。後飾りの処分方法が分からないときには葬儀のプロである葬儀社に、まずは相談するとよいでしょう。

初めての葬儀で不安な時はこちら

葬儀カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら