知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2016/11/18 ニュース

所得隠し発覚!お布施めぐり5億円

所得隠し発覚!お布施めぐり5億円

所得隠し発覚!お布施めぐり5億円

各新聞で葬儀会社など約10社が総額5億円に登る所得隠しを行っていたことを報じました。

今回問題になった葬儀会社は、大手流通会社の特約葬儀社としてホームページにも掲載されています。

大手流通グループ会社は、葬儀を扱うとは言っても直接葬儀を行う訳ではなく、ブランド力を利用して集客を行い、実際の葬儀施行は下請けの葬儀会社です。

今回の脱税事件で、その大手流通グループ会社が十分に提携葬儀会社の管理を行えていないことが露呈しました。

葬祭業界は開業に資格が必要なく、監督官庁の指導も厳しくありません。
そのため、広告規制もほとんど存在しないためインターネットでの広告表現も全くの無法地帯となっている現状があります。

記事元リンク先:僧侶からお布施還元…葬儀会社など5億所得隠し

葬儀会社が脱税

調査を行った東京国税局によると、首都圏を中心に運営されている僧侶派遣会社・葬儀会社約10社に対して一斉調査を行ったところ、総額で5億円以上の所得隠しが指摘された。

所得隠しの対象となったのは、葬儀でお坊さんから受け取るお布施。

葬儀会社は、僧侶派遣会社経由で派遣したお坊さんからバックさせたお布施の一部を収入から除外し、裏金として扱っていた。お布施は「紹介料」「リベート」として扱われ、業者に支払われていたことが明らかになった。

元々お布施は値段に幅があり、不透明な制度だとして批判を受ける事が多いが、今回はその制度の問題点が改めて浮き彫りになった。

お布施を使った驚きの脱税手口

脱税の手口は以下のようなもの。

お布施を使った驚きの脱税手口



まず、お坊さんが施主から数万~数十万のお布施を受け取ると、一部を仲介手数料として、僧侶派遣会社に渡す。更に、僧侶派遣会社はその一部をリベートとして、葬儀会社に渡していた。

結果、お布施の三割程度が葬儀会社に仲介手数料として渡っていたという。

僧侶派遣会社では、この仲介手数料のうち一部を収入として申告せずに、葬儀会社へのリベート支払いに当てていた。

この他、僧侶派遣会社は社長の親族数人を役員として登録し、役員報酬を支払っていたが、これも実態の無い支出として、計2億円の所得隠しを指摘された。

僧侶派遣会社から葬儀会社への手数料は、書留郵便で送付する、別名義の口座で送金するといった手段で収入から除外されていた。大手流通グループの特約葬儀社では、これまでの6年間で約3000万円のリベートを申告すること無く受け取っていた。

今回の調査では、葬儀会社で合計約3億円の所得隠しが行われていたことが明らかになった。

両社ともに、お布施やリベートに関して不透明な部分があったことは認めている。しかし、僧侶派遣会社社長は取材に対して「税務調査を受けた結果、見解の相違があった。リベートは業界の慣習として今まで行われてきたが、最近では受け取らない葬儀会社も増えている」と答えている。

お葬式の透明化は本当に必要か?

「葬儀に関するお金はとにかく不透明」これが現代の葬祭業者へのイメージではないでしょうか。

しかし、お葬式自体、各家庭や地域でそれぞれの習慣があるため、完全に透明化されるのは難しい部分です。

つい、金額が最初から明記されていれば安心だと考えがちですが、お葬式については宗教形式・人数・場所を明記せずに、ただ値段だけ書いてあるのは逆に不安があります。

終活のミカタでは、皆様に安心して葬儀を依頼していただける葬儀社を1件でも多くご紹介するため、多数の葬儀会社のサービス提供内容をチェックしていますが、葬儀のプロであっても身内の葬儀をお願いしたいと思えるような葬儀社は極めて限られるのが現状です。現代の社会において、完全に納得した状態で、お葬式をあげていただくことの難しさを日々実感させられます。

同じように、葬儀に関するお金で賛否両論が分かれるのが「お布施」の問題です。

お布施は決まった金額があるわけではなく、あくまでもご遺族の「気持ち」として支払われるものです。

そのような性質から、現在お布施は非課税となっていますが、料金が明記されるようになってしまえば課税の対象となるのも止むを得ませんし、本来の宗教的な意義からも離れていきます。お葬式はサービス業ですが、ビジネスとして割り切ることができない部分が多く存在するのも確かです。

その部分をどう考え、どう位置づけているのかを見ることで、その葬儀社がどれくらい葬儀を大切にみているかが判断できます。葬儀に対してまじめに考えている葬儀社であればあるほど、葬儀にかかるお金についても慎重で丁寧な考え方をしています。葬儀社・お客様共に、「一律価格」「金額明記」に惑わされず、サービスに見合う金額、金額に見合うサービスを求める姿勢が重要なのではないでしょうか。

後悔しないためにご希望にあわせて優良な葬儀社を厳選してご紹介します。

葬儀カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら