知っておきたいニュース&コラム

後悔しないために知っておきたいさまざまな情報を、
正確に、わかりやすく、役に立つ形で紹介しています。
終活のミカタが、みなさまの疑問やお悩みを解消します!

2018/03/23 雑学

お葬式後の「法要」の種類とやること 「忌日法要」と「年忌法要」とは

お葬式後の「法要」の種類とやること 「忌日法要」と「年忌法要」とは

お葬式後の「法要」の種類とやること 「忌日法要」と「年忌法要」とは

先祖を弔うための法事は、日本人にとって大切な宗教行事です。
先祖供養を通して各々の精神面の安定や日々の生活とこれからを見直す機会として、定期的・周期的に行われています。

先達の英知により長い年月をかけて習慣化された歴史があり、数か月おき、数年おきに行う行事ですから、その意味についても学んでおきたいものです。
お葬式の後に行う数種類の法要について見ていきましょう。

仏教における「法要」とは

「法要」とは、死者の追善などのために行う仏教の儀式で、仏様やご先祖の霊を供養することです。

ご逝去から四十九日まで七日ごと行う法要の他、月忌、新盆、百か日、年忌法要など、亡くなられた日を基軸として節目ごとに行います。

仏教の世界観では、人は死後、四十九日をかけて極楽へ行けるかどうかの旅をします。
宗派によって解釈は異なりますが、亡くなった人は、この世からあの世へと旅立ち初七日法要に始まり7日毎ごとに六道と呼ばれる各世界(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天上道)を巡り往生へと向かいます。

残された家族や親族は故人の死を悼みつつ、この旅を後押しする形で法要を捧げ、無事に往生を遂げられることを願うものです。
浄土真宗では亡くなった人はすぐに仏様になる(即身成仏・即仏往生)という考え方から、法要を遺族のための忌明けの儀式として執り行います。

お葬式後の「忌日法要」の種類:初七日法要

臨終(亡くなられた日)から数えて7日目に行う法要では、お坊さんを招いて読経や焼香を行います。
菩提寺(普段お世話になっているお寺)で開催することが本筋ですが、集まる人々の都合や現代の生活事情をふまえて繰り上げて行われることがあり、法要後の会食「精進落とし・お斎」を行う都合から、ホテルやセレモニーホールで催されることも多いです。最近では、葬儀式に続けてお葬式の中で初七日法要を行う「式中初七日法要」も多く見られるようになりました。
お坊さんの目線から見ますと「荼毘にふされる前(ご遺骨になる前)」に初七日法要を行ってしまうのは、少し行き過ぎた面があることでしょう。

★地域の風習も色々、葬儀式場も様々です↓

東京・神奈川の希望地域から斎場・葬儀場を探す

現代では家族のみでしか行われない忌日法要

法要は7日ごとに行われるため、以下のようなものも存在します。

二七日 (ふたなのか) ……14日目の法要
三七日 (みなのか)  ……21日目の法要
四七日 (よなのか)  ……28日目の法要
五七日 (いつなのか) ……35日目の法要
六七日 (むなのか)  ……42日目の法要

これらの法要は血縁の近い遺族の間で行われることが中心となり、お坊さんをお招きせず、近い方だけがご遺骨の前で読経や焼香を行います。
特別な集まりはせずとも、節目の日には、お線香をあげるなどのお参りをされると気持ちが落ち着くことでしょう。

お葬式後の「忌日法要」の種類:四十九日法要

四十九日法要は「七七日(なななぬか)」とも呼ばれ、遺族が喪に服すべき期間から「忌明け」となる法要にあたり、現代でもなじみ深い法要です。
故人の旅も終り、お墓が既にある方は、このタイミングで墓地にご遺骨を納める(納骨する)ことが多く見受けられます。
最近では100日目の「百箇日」に法要を催さないご家庭

も多いため、49日法要には血筋が近い親戚なども集まって行われ、お墓に納骨されています。

数年ごとに行う「年忌法要」

数年ごとに行う「年忌法要」 亡くなってから数年ごとに、故人の命日に合わせて開く法要を「年忌法要」と言います。
一周忌  ……臨終から満1年
三回忌  ……臨終から満2年
七回忌  ……臨終から満6年
十三回忌 ……臨終から満12年


二十三回忌……臨終から満22年
二十七回忌……臨終から満26年
三十三回忌……臨終から満32年

七回忌以降は身内のみで開催したり、規模を縮小したりしながら法要を続けていくことが一般的になっています。
33回忌には故人が弔い上げとされ、法要が切りとなり先祖として一括りになります。

これらの法要は、親族がいつも近くに暮らしていた時代の風習でもあるため、現代においてすべての法要を行うのは簡単なことではありません。
悼む気持ちを大切にして、ご家族の事情に合った無理のない弔い方で、葬儀式や法事・法要を催しましょう。

お墓に関する知識を深めたい方はこちら

葬儀カテゴリのコラム&ニュース一覧へ

信頼できる葬儀社のみ手配しています。
お困りの時は、ご連絡ください。

  • 経験豊富なプロにすべておまかせいただけます
  • 安心の明朗会計!プラン内訳をWeb上に公開しています
  • お支払い総額がわかる!プランはすべて必要な物が揃って税込み価格表示です

お申込み・ご相談は葬儀手配センターへ:0120-999-089

葬儀について詳しくはこちら