東京の葬儀費用

葬儀について気になることといったら費用ではないでしょうか。普段はあまり馴染みのないことですから、いったい幾らくらいかかるのかわかりにくいもの。ここでは葬儀にかかる最低限の費用と、葬儀費用の相場について、東京の場合を例にお伝えします。

東京で最低限、かかる費用は?

206,000円
お葬式はせずに火葬のみを行った場合の費用

葬儀にかかる最低限の費用は東京23区の場合、206,000円です。それ以外の地域でも厚生労働省の級地表で1級地-1地域にあたる市区では同額が最低金額になります。これは、お葬式はせずに火葬のみを行った場合の費用です。
たとえば路上生活者などが亡くなった場合、警察で身元や身寄りを調べても見つからないことがあります。だからといって、ご遺体をそのまま放置しておくことはできません。こうした場合には死亡地の区や市が主導となって葬送を行います。実務については葬儀社が行いますが、行政負担の葬祭費には上限があるため「お葬式」まではできずに、火葬のみになります。この際、最低限、必要になる物品、経費負担の少ない日程、人件費での葬祭費が、206,000円です。
火葬のみと言っても、人を一人送るためにはそれなりにコストがかかります。葬儀費用の相場を調べるときに、この費用を知っておくと、低価格に見せた「釣り広告」を見分けることができるでしょう。火葬式で200,000円以下という表示を見たら、「あとで追加料金が発生する可能性が高い」と言えるので注意してください。

※生活保護法の葬祭費は、地域別に上限が定められています。その際、かかわってくるのが「級地」です。ちなみに東京23区は1級地で、その他も人口の多い市区の多くは1級地に指定されています。お住まいの地域の級地は厚生労働省の公式サイトで確認できます。

行政主体の葬送とご遺族主体の葬儀との違い

火葬のみという行政主導の葬儀が行われるケースとして、生活保護を受けている人が喪主となる葬送があります。この場合、行政側が費用を負担しますからご遺族に主導権はなく、日時の指定や物品などの変更はできません。ご遺族の希望を通したい場合には行政の手を離れ、ご遺族側で葬儀費用を負担することになります。

東京の場合、葬儀費用の相場は?

東京の場合、火葬式の相場は?

最初にご遺族主体で火葬式をした場合の相場について、東京を例にお伝えします。火葬のみの形式にもいろいろな送り方があるので参考にしてください。

費用をおさえめにした火葬式の相場

25万円

東京では火葬のみで葬儀費用をおさえた形で約25万円が目安になります。このなかには最低限、必要なサービスが含まれます。東京23区および東京西部の一部は民営の火葬場を利用することが多いので、他の地域と比べて基本の経費が高くなり、葬儀費用の相場もアップします。 やり直しがきかない葬儀ですから、激安に見せた広告に惑わされず適正な価格を知り、判断することが大切です。「激安」「低価格」を売りに契約を取ろうとしているホームページもありますので、くれぐれも注意しましょう。なかには景品表示法に抵触するような表現で客引きをしているものもあり、実際の価格とは異なることが多いです。

一般的な火葬式の相場

30万円

東京では、必要なサービスが含まれた火葬式の相場は約30万円です。東京を中心に複数の葬儀社に話を聞いて得られた金額なので信ぴょう性は高いと言えます。故人の移動や安置期間などにより多少の増減はありますが、目安になるでしょう。 葬儀は一度お願いしてしまうと後戻りしづらいもの。後で弔い方に違和感を覚えたり、選択肢が他にもあったことを知り、罪悪感にさいなまれることもあるようです。送ってから後悔することのないように慎重に判断したいものですね。 ホームページや電話口などで、最初から「追加料金一切なし」などというような葬儀系の会社は常識的に考えて不自然ですから避けることをお勧めします。

しのぶ場所と時間を確保した火葬式の相場

40万円

火葬式でも、ゆっくりと落ち着ける安置施設を利用して行われる場合があります。個室の安置室を利用することで「きちんと感謝の気持ちを伝えたい」「しのぶ時間をしっかり確保したい」という希望が満たされて満足のいくお別れができます。ただし、このような希望に合ったしのぶ場を提供できる葬儀社は限られています。 この場合の金額として私どもで複数の葬儀社を調査したところ、東京では約40万円が相場でした。故人の移動や安置期間などにより多少の増減はありますが、目安になるでしょう。 火葬式でしのぶ時間を大切にしたい場合には、葬儀会館に安置室を完備している葬儀社に依頼しなければ願いは叶いません。そのためにも「葬儀社はどこも同じではない」ことを知り、きちんと選ぶことが大切です。

正直価格で安心な葬儀を 葬儀のミカタの火葬式プランを見る

東京の場合、一日葬の相場は?

宗教儀礼を簡略化して参列者も内々の数名という場合の葬送に「一日葬」があります。こうした東京における一日葬の相場について、お伝えします。

費用を極限におさえた一日葬の相場

自宅35万円~斎場65万円

費用をおさえめにした一日葬の相場

自宅65万円~斎場95万円

できる限り費用をおさえた、もしくは費用をおさめにした一日葬は式場をどこにするかで金額に幅がでてきます。先祖代々お付き合いのあるお寺(菩提寺)がある場合には、住職に一日葬で良いか確認をし、承諾を得るようにしましょう。この確認を怠ったばかりに納骨の際、トラブルになったという話も珍しくありません。 菩提寺がなく霊園墓地をお持ちの方、これから墓地を検討する方の場合には簡略化しても大丈夫です。ただし、一般的な葬儀の流れをイメージしているご親族(特に兄弟姉妹)の中に、1日で行うことを気にする方がいないか、よく確認し配慮したいものです

見栄えや物品が標準的な一日葬の相場

自宅95万円~斎場125万円

東京の主要な斎場は1日のみの式場貸出しを行っていないため、2日分の料金が必要になります。また、一日葬といっても内容は一般の葬儀とほぼ変わらないため、省けるサービスが少なく葬儀費用は正直あまり変わりません。 そのため一日葬を行う際には、地域の事情など細かいところまで確認して比較検討するようにしましょう。葬儀社によっては一日葬がお得になると誤解を招くような表示をしているところもあります。

正直価格で安心な葬儀を 葬儀のミカタの一日葬プランを見る

東京の場合、家族葬の相場は?

家族葬の東京における相場について、お伝えします。

費用を極限におさえた家族葬の相場

自宅45万円~斎場75万円

費用をおさえめにした家族葬の相場

自宅65万円~斎場95万円

できる限り費用をおさえて内々の数名で家族葬を行う場合、あるいは費用をおさえめにして家族葬を行う場合、式場をどこにするかで金額に幅がでてきます。 自宅で行うと費用はおさえられますが、家族葬という形式だけにご近所への対応など難しい部分があります。斎場で行う場合は小さな式場を選び、その他の利便性も加味して選ぶようにしましょう。

見栄えや物品が標準的な家族葬の相場

自宅100万円~斎場130万円

式場をどこにするかで金額に差がでてきます。斎場で行う場合は、家族や親族にあまり負担がかからないように、利便性が良く、足を運びやすい式場を選びたいものです。

正直価格で安心な葬儀を 葬儀のミカタの家族葬プランを見る

東京の場合、お葬式の相場は?

知人や仕事関係者などにお知らせして行う一般的なお葬式について東京の場合を例にお伝えします。人数は30名で料理や返礼品などの接待費用も含め計算しています。

費用を極限におさえたお葬式の相場

自宅95万円~斎場125万円

お葬式で必要なサービスや物品をひと通り入れて計算した金額です。これ以上、費用をおさえるとなると、参列者に対する最低限のおもてなしを削ることになるため、印象が悪くなってしまうでしょう。
費用をおさえるといっても、最低限の配慮は欠かさないようにしたいものです。費用にとらわれてお葬式に支障をきたしたのでは本末転倒になってしまいますからね。

費用をおさえめにしたお葬式の相場

自宅125万円~斎場155万円

30名以上の人が集う場合には、参列者のご案内や物品の消耗などに気を配る、事故や滞りがない進行に配慮するなど、数名の時よりも格段に労力が必要です。控室の接待は順調か? 料理や返礼品の数は足りそうか? など、故人・ご遺族・参列者のすべてに注意を向けなければなりません。 上記の相場を大幅に下回る場合、どこかにしわ寄せが生じるのは確かです。それは喪主の見えないところで起き、気がつかずに過ぎてしまうこともあるでしょう。もし、そんなことになったら、故人が悪くいわれることもあるのです。費用をおさえる時には内訳をしっかりと把握して削るべきか否かを慎重に判断するようにしましょう。

見栄えや物品が標準的なお葬式の相場

自宅160万円~斎場190万円

故人に対する感謝の気持ちを形にして見栄えや物品にもこだわりを持って選び、集う人々へのおもてなし、返礼も上質にと配慮できる人はなかなかいません。 中には「支えてくださった皆様のおかげで今の自分たちがある」との気持ちで上質なお葬式を希望する方がおられます。
細部まできちんと配慮が行き届いた空間は、故人をしのぶ場所としてふさわしい空気が流れ、その場でしか体感することのできない故人の人徳に触れたり、恩や縁を大切にする人の温かさを感じることができます。このようなかけがえのない体験はご遺族を癒し「いいお葬式だった…」と忘れられない思い出になるでしょう。

正直価格で安心な葬儀を 葬儀のミカタのお葬式プランを見る

他社のプランを見るときに確認したいポイント3つ

  • 実際に利用する地域の火葬場料金が全額含まれていますか?
  • 式場の利用料金が含まれていますか?(火葬のみの場合を除く)
  • 人数が曖昧ではなく明確に設定されていますか?

上記3つのポイントが明確になった
葬儀費用の明細をご用意しています

ご希望の地域へ進み総額費用をご覧ください

東京・神奈川の葬儀場・斎場を探す

エリアは随時拡大中です。
上記の地域になくてもご対応できる場合がありますので、お問い合わせください。

紹介・ご相談無料 お急ぎのかたもこちら 通話無料/24時間365日対応

0120-999-089

割引チケット同封 資料請求